給料日前のピンチをカードローンのキャッシングに頼り続けて

#

給料日前にお金がピンチな時って、誰しもありますよね。

安い給料だと毎月でやりくりも綱渡りになってしまいがちです。節約するにも限度がありますからね。食費を削るといっても、あまりに削りすぎていたら今度は健康が心配になってしまいます。食費を削りすぎて、体が弱くなって頻繁に風邪をひいたり、寝起きがすっきりせずに仕事中もやる気が出ずにしっかりと働けないようでは、食費は減らせるかもしれませんが、他の面でマイナスが大きいです。割に合わないでしょう。

給料日前に催される飲み会やコンパなんかも本当に困ってしまいますよね。
断っても良いのですが、お金に関係なく出たい飲み会やコンパもあるでしょう。その時は本当に埋まってしまいますね。

給料日前のピンチの時におすすめなのが、やはりカードローンによるキャッシングです。カードローンでお金を借りて、給料が入ったらすぐに返済してしまうのです。

もちろん頻繁に繰り返していては、毎月どんどんと生活費の資金繰りが悪くなっていきますから、頻繁に使える方法ではありません。しかし数ヶ月に1回のピンチをしのぐということであればかなり使える有効な方法です。

給料日前のピンチをしのぐのに、おすすめのカードローンはやはりノーローンでしょう。何度借りても、完済し終わったとの借り入れであれば1週間無利息です。

給料日前の1週間前にノーローンでお金を借りて、給料が振り込まれたらすぐに返済すれば、また次の月も同じように給料日前の数日間をノーローンでお金を借りて過ごすことができます。しかも利息の支払いは1週間以内に完済できれば0です。全く利息を払うなくてよいのです。

消費者金融のカードローンでお金を借りるというと、あまり気がすまない方もいらっしゃると思います。実際、生活費などの借金はあまりおすすめできません。

しかし、計画的に使えば本当に便利なのも事実です。お金が入ってくるあてはあるのだけど、タイミング的にお金が足りないという時であれば、消費者金融でお金を借りるのも全然ありです。

ノーローンに限らず、大手の消費者金融では、初めて利用する場合は無利息でお金を借りられるところも多いです。例えばプロミスだと初めて利用する場合はポイントサービスの加入で30日間無利息になります。つまり1ヶ月後にきちんと完済できるのであれば全くの無利息でお金を借りることができるのです。こうした30日間無利息はボーナス前の1ヶ月とかであればかなり便利に使えるでしょう。

同じような無利息のサービスをレイクちゃん CM でも人気の新生銀行のカードローン、レイクでも行っています。

こうした無利息の借り入れが行えるカードローンを活用すれば給料日前のピンチでもうまく乗り越えることが可能です。カードローンをうまく活用して生活に潤いを持たせましょう。
お金を借りるキャッシングも要するに使い方次第なのです。

借りるなら銀行系カードローンが低金利でおすすめ

私は20代前半の時に銀行のカードローンを利用していました。消費者金融や他の金融機関の様々なローンがある中、銀行のカードローンを利用していたのには様々な理由があります。まずは大手の銀行が提供をしているサービスなので安心感と信頼感があります。消費者金融になると今でこそテレビでのCMなどで一般化していますが、どうしてもあまりいいイメージがないのも確かです。次に金利が安いことです。借りる側からすればこれが一番のメリットになると考える方も多いと思います。さらに金利が安いのに足して銀行のカードローンが良いのは、総量規制対象外になる事です。総量規制対象外なので年収の3分の1以上の借り入れも可能になるので、多額の借り入れが必要な方にも便利です。銀行のカードローンは金利が安く、限度額も多いので当然審査が厳しいです。審査の条件も他のカードローンと比べると厳しいですし、時間もかかります。こういった銀行のカードローンの特徴を考えて、自分に合ったローンを選ぶのが大事だと思います。

このページの先頭へ